大きく変わった、クルマの税。

文字サイズ
令和元年10月 変わりました!クルマの税
令和元年10月 変わりました!クルマの税
CHANGE CAR TAX
CHANGE CAR TAX
(本内容は2019年4月1日現在の法令に基づいたものです。)
新着情報
  • 2019.6.7
    ウェブサイトをオープンしました!
大きく変わりました!クルマの税 THE MOVIE
大きく変わりました!クルマの税 THE MOVIE
※この動画は2019年6月に作成されたものです
令和元年10月、クルマの税が大きく変わりました!
(自家用乗用車に限る)
変更点のポイントと減税額イメージ(注)をわかりやすく動画で解説していますので、ぜひご覧ください。
(注)動画内の減税額イメージは、モデルケースに示した条件で試算した場合の税額となります。実際の減税額は、自動車の車両価格(オプションの有無等含む)、排気量や燃費達成度等によって異なります。具体的な車種における税額の詳細は、自動車販売店等にご相談ください。

CHANGE 1:新車の「自動車税」が毎年減税!

CHANGE 1:新車の「自動車税」が毎年減税!

  • 10月以降に購入する新車登録車から、「自動車税」が毎年減税になります。
  • 2,000cc以下のコンパクトカーほど減税額が大きく、この排気量では年間最大4,500円、10〜15%程度の毎年減税となります。
  • 全排気量で「自動車税」が引き下げられるのは、1950年の制度創設以来初めてです。

CHANGE 2:「自動車取得税」が廃止!導入される「環境性能割」は1年間、1%分軽減!

CHANGE 2:「自動車取得税」が廃止!導入される「環境性能割」は1年間、1%分軽減!

  • 消費税率引き上げ時に「自動車取得税」が廃止され、導入される購入時の税(環境性能割)は、燃費がいい自動車ほど税が軽減されます。
  • 加えて、2019年10月1日~2020年9月30日の1年間は環境性能割の税率から1%分軽減されます。新車と中古車ともに対象です。

さらに:「エコカー減税」、「グリーン化特例」が延長!

さらに:「エコカー減税」、「グリーン化特例」が延長!

10月以降、クルマの税負担はどう変わるの? 減税額シミュレーション

CASE 01:軽自動車
CASE 02:1,000cc以下のコンパクトカー
CASE 03:2,000cc以下のガソリン車
CASE 04:2,000cc以下のHV車
CASE 05:2,000cc超の自動車
新車を検討中なら、サポカー試乗会へGO
PAGETOP
経済産業省(法人番号 4000012090001)
〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 
代表電話 03-3501-1511
Copyright Ministry of Economy,
Trade and Industry. All Rights Reserved.